呼吸器科

当院の呼吸器科

当院の呼吸器科咳や痰、喘鳴(ヒューヒュー、ゼーゼーという乱れた呼吸音)などを伴う呼吸器疾患を幅広く診療しております。
呼吸器内科専門医・指導医である院長が診療いたしますので、安心してご相談ください。

呼吸器科で見られる主な症状・疾患

長時間咳が止まらない

長引く咳の原因としてよく見られるのは、咳喘息です。
COPD、アトピー咳嗽、逆流性食道炎など、似た症状を持つ疾患と鑑別した上で治療を行います。

息をするときにヒューヒュー、ゼーゼーする

ヒューヒュー、ゼーゼーといった乱れた呼吸音を喘鳴といいます。
気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、心不全などが疑われます。

痰が絡む、痰が出る

喫煙されている方であれば、禁煙によって痰症状の改善が期待されます。
喫煙していないのに痰が出る、禁煙したのに痰が続くと言う場合には、肺炎や気管支炎などの可能性が疑われ、胸部X線検査での精査をおすすめいたします。
また、鼻水がのどに流れ込む「後鼻漏」によって痰がからむケースも見られます。

日常動作で息切れがする

階段や坂道をのぼっただけで息切れがするという場合には、肺や心臓の機能が低下している可能性があります。身体を動かしたときに肺・心臓が十分に機能しないと酸素不足となり、息切れが生じます。
COPD(慢性閉塞性肺疾患)、心不全などが隠れている可能性があります。

気管支喘息

気道に慢性的な炎症が生じている状態です。
咳、喘鳴、呼吸困難などの症状が見られます。原因として遺伝、環境(ハウスダストなどのアレルゲン)などが挙げられます。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

喫煙などによって肺に炎症が生じ、気道分泌物の増加、肺の気腫性変化を起こす病気です。
軽い動作での息切れ、咳、痰などの症状が見られます。

睡眠時無呼吸症候群

肥満、扁桃・アデノイド肥大、骨格的な問題(顎が小さい等)、呼吸中枢の異常などによって、睡眠中に一定回数以上の無呼吸・低呼吸症状が起こる病気です。睡眠中の酸素が不足することで、生活習慣病などを合併するリスクが上昇します。また、日中に強い眠気を引き起こし、重大な事故につながることもあります。
睡眠中のいびきと無呼吸、日中の強い眠気、注意力の散漫といった症状が見られます。

非結核性抗酸菌症

中高年の女性に比較的多く見られる、抗酸菌による感染症です。
主な症状としては咳、痰、血痰などがありますが、無症状のまま進行することも少なくありません。

肺がんなどの肺腫瘍

肺にできる腫瘍です。腫瘍には、良性腫瘍と悪性腫瘍(がん)があります。
肺がんの場合であっても、早期のうちには無症状であるケースが多くみられます。進行すると、咳、痰、血痰、胸痛、倦怠感、体重減少などの症状が見られるようになります。

一番上に戻る
お電話でのご予約・お問い合わせお電話でのご予約・お問い合わせ WEB予約WEB予約