アレルギー科

当院のアレルギー科

当院のアレルギー科アレルギー性鼻炎、花粉症、蕁麻疹といったアレルギー疾患の診療を行っております。 問診やアレルギー検査にて原因を特定し、適切な治療を進めて参ります。

アレルギー科で見られる主な疾患・症状

アレルギー性鼻炎

特定のハウスダスト(ダニ、ちり、ペットの毛、真菌など)をアレルゲンとアレルギー性鼻炎は、アレルゲンと接触すると、一年中鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどの症状が現れます。
原因となるアレルゲンを除去を行った上で治療では、内服薬や点鼻薬を処方します。

蕁麻疹

蚊に刺されたときのような、赤みを帯びた皮膚の盛り上がり、痒みが現れる病気です。通常、数分から24時間以内に治まりますが、部位を変えて繰り返し出現することもあります。
特定の食品や薬剤がアレルゲンとなったり、ウイルス、ストレス、慢性疲労などがきっかけになったりして発症すると言われています。

接触皮膚炎(かぶれ)

ゴム、化粧品、金属がアレルゲンとなったり、石鹸、洗剤、ガソリンなどの成分が刺激することなどによって起こるかぶれです。
治療では、それらの物質との接触を回避することが第一です。ステロイド外用薬を使用することもあります。

花粉症

スギ、ヒノキに代表される花粉をアレルゲンとして起こる病気です。くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみ、充血などの症状として挙げられます。
症状は、アレルゲンとなる花粉が飛散する時期にのみ出現します。しかし、複数の花粉がアレルゲンとなり、ほとんど一年中花粉症に悩まされている方もおられます。
治療では、アレルゲンとの接触を可能な限り回避した上で、薬物療法を行います。

OAS

「OAS(口腔アレルギー症候群)」とは食物アレルギーの一種で、特定の食品を食べたときに起こる口腔内の反応のことを指します。
調理していない果物、生野菜、香辛料、ナッツなどを口にしたときに、口やのどのかゆみが生じます。

一番上に戻る
お電話でのご予約・お問い合わせお電話でのご予約・お問い合わせ WEB予約WEB予約