医師紹介

院長紹介

院長紹介こんにちは。医療法人健生会うえなみ内科クリニック院長の上浪健です。
現在、名張市民病院の呼吸器内科専門外来と当院にて、診療を行っております。
長らく呼吸器内科を中心として病院勤務をして参りましたが、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、故郷である名張の地で地域の方々の力になりたいという想いが強くなり、熟考の末、院長就任を決断しました。
名張では肺のさまざまな病気を診る呼吸器科医が不足しているという現状もあり、息切れなどの症状を自覚しても「年のせいだから」「どこに相談すればいいか分からないから」と受診を後回しにしてしまうケースが少なくないようです。
前職では、肺炎などの肺の病気を専門に診る呼吸器科の専門病院に勤務しておりました。父が約30年の間担ってきた「地域のかかりつけ医」という役割を総合内科専門医・内科指導医として引き継ぎつつ、呼吸器の専門性を活かした正確な診断、適切な治療を行って参りますので、どうぞお気軽にご相談ください。

院長 上浪 健

経歴

桔梗が丘小学校/桔梗が丘中学校/京都私立洛南高等学校
平成19年 関西医科大学医学部 卒業
平成19年 和歌山県立医科大学付属病院 勤務
平成21年 国立病院機構 刀根山病院 呼吸器専修医(現:大阪刀根山医療センター) 
平成23年 西宮市立中央病院 呼吸器内科
      大阪大学医学部 呼吸器・免疫アレルギー内科 入局
平成25年 がん研究会有明病院 呼吸器内科
平成26年 国立病院機構 刀根山病院 呼吸器腫瘍内科(現:大阪刀根山医療センター)
令和3年   うえなみ内科クリニック 就任

当院の治療方針

1.地域のかかりつけ医としての役目を全うします

内科的疾患・症状に幅広く、また予防から治療、定期的な検査までしっかりと対応しつつ、必要と判断したときや患者様がご希望されたときには、速やかに提携する医療機関をご紹介します。

2.専門的な知識を活かした診察、充実した検査機器で正確な診断に努めます

総合内科専門医、内科指導医、呼吸器内科専門医・指導医としての知識を活かしながら、CTをはじめとする充実の検査設備を用いて、正確な診断を行います。

3.安心して相談できるクリニックであり続けます

安心して相談できるクリニックであり続けます

新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえて設計した当院には、感染対策と快適性を両立した環境が整っています。これからも、時代に応じた体制を整備し、患者様・スタッフの安心を守ります。

一番上に戻る
お電話でのご予約・お問い合わせお電話でのご予約・お問い合わせ WEB予約WEB予約