生活習慣病

生活習慣病とは

生活習慣病とは生活習慣病は、食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足、睡眠不足、喫煙といった生活習慣の乱れを原因として発症・悪化する病気の総称です。
代表的な生活習慣病として、糖尿病(2型)、高血圧、脂質異常症、痛風(高尿酸血症)、メタボリックシンドロームなどが挙げられます。
ほとんど症状なく進行するため治療の開始が遅れがちで、気づいたときには重篤な病気を合併するリスクがかなり上昇している、ということもあります。
少しでも気になる症状が出たとき、健康診断で数値の異常を指摘されたときには、お早目に当院にご相談ください。

長引くと重篤な合併症を引き起こす可能性があります

長引くと重篤な合併症を引き起こす可能性があります生活習慣病は、気づかずに放置してしまったり、気づいているけれどなんとなく治療を後回しにしてしまうケースが目立ちます。これは、自覚症状の少なさが大きく関係しているものと思われます。
静かに進行する一方で、そのリスクは甚大です。生活習慣病とともに動脈硬化が進行し、狭心症や心筋梗塞といった心疾患、脳梗塞や脳出血といった脳卒中など、命にかかわる病気を合併しやすくなります。

反対に早期に発見できれば、薬を使わずに、生活習慣の改善のみでしっかりと効果が得られる病気でもあります。もちろん、日頃から生活習慣に気をつけて、生活習慣病を予防するということも可能です。

糖尿病

2型糖尿病は、高脂肪・高カロリーの運動不足、ストレス、睡眠不足、喫煙などを原因として発症する、血糖値が慢性的に高くなる病気です。
症状としては、喉の渇き、多尿、倦怠感、体重減少などが挙げられますが、ほとんどのケースにおいて無症状のまま進行します。
進行すると、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞のリスクが高まります。また、糖尿病の診断を受けた直後から、糖尿病の三大合併症である「糖尿病網膜症」「糖尿病神経障害」「糖尿病腎症」の予防も必要となります。三大合併症は最悪の場合それぞれ、失明、足の切断、腎不全(透析)に至る病気です。

当院では定期的に血糖値・HbA1cを測定し、食事療法・運動療法、また必要に応じて薬物療法を取り入れた治療を行います。

高血圧

塩分の摂り過ぎ、遺伝、肥満などを原因として起こる、血圧が慢性的に高くなる病気です。
何度か血圧を測っても収縮期血圧/拡張期血圧のどちらか一方が、あるいは両方が140/90mmHg以上を示す場合に、高血圧と診断します。
自覚症状はほとんど見られませんが、血圧が高度にまで上昇すると、頭痛、視力低下、吐き気などの症状が現れることがあります。進行すると、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞のリスクが高まります。

治療では、食事療法(特に減塩)・運動療法、禁煙などによって血圧の改善に取り組みます。飲み過ぎも控えましょう。必要に応じて、薬物療法を取り入れます。

脂質異常症

運動不足や栄養の偏った食事、肥満、遺伝、薬の副作用などによって、血中の脂肪(コレステロール、中性脂肪)が多すぎたり、少なすぎる生活習慣病です。具体的な診断基準は、以下の通りです。

高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール値が140mg/dl以上
低LDLコレステロール血症 HDLコレステロール値が40mg/dl未満
高トリグリセライド血症 トリグリセライド(中性脂肪)値が150mg/dl以上

基本的に無症状ですが、皮膚上の黄色腫、眼球の白い輪(角膜輪)などが見られることもあります。進行すると、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞のリスクが高まります。

治療では、食事療法・運動療法を基本とし、必要に応じて薬物療法を取り入れます。

痛風(高尿酸血症)

肉類やアルコールの摂り過ぎなどにより、腎臓から尿酸を適切に排出できなかったり、尿酸が過剰に産生されて血中の尿酸値が高くなった状態を「高尿酸血症」と呼びます。そして、関節や腎臓で尿酸の結晶が生じて激しい痛み・腎機能障害が生じる病気を「痛風」と呼びます。
高尿酸血症が直接症状をもたらすことはありませんが、痛風へと進行すると、先述の通り結晶ができた部位で日常生活が困難になるほどの激しい痛みが起こります。また腫れ、熱感も伴います。
症状は1週間ほどで治まりますが、もちろん治療が必要です。痛風の前兆症状として、患部のムズムズ感が現れることが多く、この段階で治療を開始できればその後の激しい痛みを回避することが可能です。

痛風による激しい痛みに対しては、鎮痛剤を使用します。痛みが治まったのち、尿酸下降薬の服用を開始します。またあわせて、生活習慣の改善も行っていきます。

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームは、内臓肥満に加えて血圧上昇、空腹時の高血糖、脂質の異常値のうち2つ以上が認められる状態を指します。必ずしも太っている人がメタボリックシンドロームになるわけではありませんが、肥満傾向にある方、高カロリーの食事が習慣になっている方に起こりやすいのは事実です。
自覚症状はほとんどありませんが、高血圧や糖尿病、脂質異常症へと進展し悪化すると、それぞれの症状が現れることもあります。

治療では、食事療法・運動療法が中心となります。もちろん、高血圧・糖尿病・脂質異常症へと進展した場合には、その治療が必要になります。

一番上に戻る
お電話でのご予約・お問い合わせお電話でのご予約・お問い合わせ WEB予約WEB予約