メタボリックシンドローム

メタボ
内臓脂肪型肥満のことをメタボリックシンドロームといいます。

自分は大丈夫かな?と思ったら、今すぐご自宅で簡単セルフチェック!
まず、息を軽く吐き、おへその高さでお腹を計ってみましょう!

ウエストのサイズが「男性 85cm 以上」「女性 90cm 以上」の場合は、
メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)の可能性があります。

そもそも、メタボリックシンドロームだったらどうなるの?
内臓脂肪がたくさんたまると、血圧や血糖値、内臓脂肪などが高めになり、動脈硬化を進めてしまい、そこから脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こしやすくなってしまいます。また血液中の糖を調節するインスリンの働きが鈍くなり高脂血症や高血圧、糖尿病になりやすくなります。

メタボリックシンドロームの予防・改善の方法は「運動」と「食の改善」です。

メタボ
運動不足にカロリーの摂りすぎが加わると、肥満になります。特に成人以降に「お腹がでてきた」という方は、内臓のまわりに脂肪がたまるタイプの肥満になっていることが多いようです。
内臓のまわりの脂肪は、中性脂肪、血圧、血糖の上昇や善玉コレステロールであるHDLコレステロールの低下と関係が深いと言われています。肥満が「生活習慣病の温床」と言われるゆえんです。
また外見的に、それほどお腹がでていなくても、内臓のまわりに脂肪がたまっている「隠れ肥満」の方もいらっしゃいます。
運動をする目的のひとつは、肥満を解消すること、特に内臓のまわりについた脂肪を減らすことです。でも、運動の効果は実はこれだけではありません。


またBMIが25を超えていなくても、レントゲン検査(CT)で内臓の脂肪のまわりに脂肪がたまっている人もいて、このような人を「隠れ肥満」と呼んでいます。

メタボリックシンドロームと運動
最近、内臓脂肪の多い人が血圧、血糖、中性脂肪、HDLコレステロールの以上を同時に起こしやすいことが分かり、このような状態は「メタボリックシンドローム」と呼ばれています。メタボリックシンドロームになると心臓病(動脈硬化による心筋梗塞・狭心症)や脳卒中を起こす危険が高くなりますが、運動療法はメタボリックシンドロームに対する最もよい治療法のひとつであると考えられています。

運動って、なぜいいの?
中性脂肪が減る、血糖値が下がる、血圧が下がる、善玉コレステロールが増える、骨が丈夫になる、心臓や肺の機能が高まる、ストレス発散などのメリットがあります。

心臓や肺の機能を高める
心臓や肺の機能が高く、体力のある人ほど、心臓病や脳卒中だけでなくガンも少ないことが研究で明らかになっています。運動をしている人ほど、寿命も長いという研究結果もあります。
血圧、血糖を下げる
運動を続けると、新陳代謝が高まり血圧が下がることが分かっています。また糖の処理能力が改善し、血糖が下がります。
ストレスに関係した症状が減る
運動を続けている人は、肩こり、腰痛、便秘などの症状が少ないことが分かっています。
骨粗しょう症の予防
女性でとくに問題になる骨粗しょう症が、運動によって予防できます。

毎日30分を目標に運動の目安は毎日30分、あるいは1日60分を週3日。無理せず続けることが大切です。生活の中で「歩く」工夫をし、買い物や通勤で自転車をやめて歩いたり、できるだけ階段を使ったりして、運動の機会を増やしてみてください。また、歩くときには意識的に普段より少し早く歩きましょう。

◎運動として「歩く」コツ
運動として「歩く」ためには、少し工夫が必要です。普段よりも早く、少し汗ばむくらいの早さで歩きます。多少息が切れながらも、人と話しながら歩けるペースが目安です。息が苦しく「キツイ」と感じるのはペースが早すぎです。運動の前にはストレッチ運動で体をほぐし、終わった後も5分くらい軽い体操をして体を冷やしましょう。

ご心配の方は、お気軽にうえなみ内科へご相談ください。
当医院ではEMS・ステレオダイエットも推奨しております。